ケア How to ブログ

ケア How to ブログ詳細

第14回全国ジュニア空手道選手権大会・第11回全国学生空手道選手権大会団体戦


先日の5月17日(日)は神奈川県にある横浜文化体育館で行われた第14回全国ジュニア空手道選手権大会・第11回全国学生空手道選手権大会団体戦の救護スタッフとして行って来ました。

今回も多くの選手が捻挫や打撲などの症状で利用されました。

ケアをした選手の中には優勝を果たし第7回全国空手道選手権大会の出場権を得た選手も居たりと、治療家として大変うれしい報告も受けました。

ただ今回一つ気になったのは大会中の怪我では無く、以前から痛めていた部分が悪化したと言う子が多くいた事です。

話しを聞くと痛めたが治療をしていないと言う子がほとんどでした。

今までも何度かお話をしてきましたが痛みを我慢して競技を続ける事はフォームを崩したり、新たな怪我の原因になったりします。

今回、小指の拳のあたりが痛いと言う子がいましたが拳を握ってもらうとシッカリと小指が握れておらず正しい突きが打てる状態ではありませんでした。

この怪我の原因を放置したまま競技を続ければ怪我の再発や肘や肩の怪我の原因になります。

痛みが出たら、怪我をしたら、早期に治療をし怪我の原因を把握することをオススメします。

皆さんも怪我に対しての意識をしっかり持ち、そのうち治る、なんとかなると過信せず怪我と向き合い少しでも長く、楽しく競技を続けて頂きたいと思います。

 

2015.5.17a    2015.5.17b

 

2015.5.17c    2015.5.17d 

 

やわらぎ鍼灸整骨院

住所 〒279-0041 千葉県浦安市堀江6-9-1 Rita新浦安1F
受付時間:
火~金    午前9:00~12:30 午後15:00~20:00
土・祝祭日  午前9:00~12:30 午後15:00~18:30
休診日 日曜日・月曜日
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1NyKq9a
  • facebook
  • twitter
  • mixi