ケア How to ブログ

ケア How to ブログ詳細

第7回全日本空手道選手権大会 JBSV トレーナー


昨日は国立代々木競技場第二体育館で行われたIBKO主催の第7回全日本空手道選手権大会の救護班として参加してきました。

さすが全国大会。

小中学生の部でもレベルの違いを感じました。

突きのキレ、蹴りの速さはさすが全国大会と言ったところです。

レベルも体格も近い事からか大きな怪我も無く午前中は終わりました。

高校生、一般の部も大きな怪我も無く終わるかと思いましたが、やはりそこは力の違いと言いますかケガをする選手が一気に増えました。

私も何度か空手の大会のトレーナーをさせていただきましたが、その中でも今回の大会は大きな怪我が多かった様に思います。

相手の突きが上段に誤って入ってしまい、自身の歯で上唇を貫通するまでになり出欠の止まらない選手初戦ですでに拳を痛めていたにも関わらず最後まで我慢をし救護ブースに来た時には大きく腫れあがり骨折を疑いました。

他にも試合が重なるたびにダメージが蓄積し歩くのもままならないほどスネの腫れあがった選手など大きな怪我が続きました。

空手と言う競技は気合いや根性論が今も根強くあると思います。

私自身も競技は違えど根性論でスポーツを続けていた身ですから否定はしません。

しかし、選手の中には大会以前から痛めていた部分が有るにも関わらず治療はしていなかったと言う選手もいます。

来る東京オリンピックにも選考種目としてあがっている競技。

多くの選手が今目指している目標でもあると思います。

しかし、いざ試合の時にどこかが痛くて本領を発揮できないのでは本末転倒です。

気合い、根性も大切ですが常に自分の体と向き合いコンディショニングにも力を入れて頂きたい。

未来のオリンピック選手が万全の態勢でメダルを狙いにいけるよう願いたいものです。

 

2015.11.1a  2015.11.1b 

 

2015.11.1c  2015.11.1d 

 

2015.11.1e 

やわらぎ鍼灸整骨院

住所 〒279-0041 千葉県浦安市堀江6-9-1 Rita新浦安1F
受付時間:
火~金    午前9:00~12:30 午後15:00~20:00
土・祝祭日  午前9:00~12:30 午後15:00~18:30
休診日 日曜日・月曜日
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1NyKq9a
  • facebook
  • twitter
  • mixi